「内臓をいたわる」カテゴリーアーカイブ

乳酸菌サプリの使用で良いことばかり

ビフィズス菌やラクトバチルス菌などの乳酸菌サプリは便秘を無理なく改善するので、身体にとても優しいです。

市販の便秘薬は即効性がありますが、人によっては下痢になってしまう場合も少なくありません。ビフィズス菌サプリの比較.xyzによれば乳酸菌サプリはすぐに便通をもよおすものというよりは、便秘体質そのものの改善を助けてくれる役割です。

根本的な問題である体質を中から改善することにより、一時的なものでなく身体中をきれいに整えてくれます。

また、乳酸菌サプリの使用で腸内フローラを改善する事により、元気がなかった胃腸を通常の状態に改善することができます。腸内環境が整うと免疫力アップにもつながります。

免疫力があがるということは、逆に免疫力の低下によってかかる風邪や、花粉症をおさえることができるというわけです。

また、腸内環境が良くなると、便秘が原因の吹き出物などが改善されたり結果的に美容に良い効果もあらわれ一石二鳥です。他の薬とも併用できるくらい優しいものになっているので子供でも心配なく使用できます。

 

飲酒のし過ぎで下痢になる

飲酒のし過ぎで、翌日に下痢になる場合があります。消化不良を一時的に起こす事によって、腸の働きが弱まり下痢になります。

アルコールを飲むと、腸管で水分の吸収を阻害されます。このために、便の元になる内容物に水分が増えてしまうため下痢が引き起こされます。アルコール自体が小腸を刺激してしまう作用があり、下痢になる原因になります。

下痢には様々な理由が原因で起こり、細菌が原因の事もあります。細菌の場合は、下痢や腹痛等が起こり食中毒等がこれに当たります。

下痢が続いている場合は、病院に受診すると良いです。下痢には種類があり、急性下痢と慢性下痢があります。慢性下痢の場合は3週間以上続くので、このようになると細菌に感染して起きた下痢の可能性が高いです。

下痢の中には乳糖不耐症が原因の事もあり、分解出来ない乳糖によって引き起ります。乳糖が摂取されると、下痢や嘔吐や腹痛になります。これは先天性と後天性の場合があり、後天性の場合は細菌の感染により胃腸炎から発生します。

 

乳酸菌と酢酸菌が腸内の悪玉を退治する

発酵食品の中には味噌をはじめ様々な乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸内の環境を良くして健康な体をつくるのに役立っています。例えば、乳酸菌の一種であるクレモリス菌には便秘を解消する整腸作用の働きがあります。

また、血糖値を急激に上がるのを抑える作用もあります。乳酸菌と一緒に摂取したいのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は腸内で酢酸を生成します。この酢酸は悪玉菌を退治するのに役立ちます。しかし、腸内にあるビフィズス菌は年を取るとともに減少していきます。

ビフィズス菌を摂取して腸内を酸性にしておくことは、悪玉菌を退治し感染症予防にも役立っています。腸内に永遠に留まることができるわけではありません。毎日乳酸菌、ビフィズス菌の入った食品を摂取することも大事です。

ヨーグルト、乳酸菌飲料はもちろんキムチや味噌などの発酵食品の中にも乳酸菌や腸内のビフィズス菌を増やしてくれるもとが含まれています。ビスコのようなお菓子はお子様~大人までおいしく手軽に乳酸菌が摂取できます。

最近ではサプリメントも充実しているので食べるのが大変という方にはサプリメントもお勧めです。

疲労回復とそのための主たる手段

人生では、様々な事があります。時には何かがきっかけで、乳酸の量が増えてしまう事もあるのです。

例えば、精神的な問題です。時にはストレスが増大する事もありますが、たまにそれが内蔵に対して疲労を引き起こす事もあるのです。いわゆる副腎疲労などは、ストレスが主たる原因というパターンも珍しくありません。

疲労回復の為には、主に2つポイントがあります。まず基本スタンスとしては、体をできる限り休ませる事です。あまり身体を動かさないよう心がければ、それなりに疲労も回復する傾向はあるのです。基本的に横になっていれば、特段に大きな問題が生じる事はありません。

それともう1つは、普段からの食事です。数ある食事の中には、疲労回復の力が比較的強いものもあります。それを積極的に摂取するよう心がけると、だいぶ疲労も取れやすくなるのです。

まして食品は、精神的な問題を解消してくれる事も多々あります。ですからストレスが気になる時には、食事に気を使う事も大切です。

 

しじみのタンパク質は良質か

良質なタンパク質とは、アミノ酸を多く含んでいる食品です。タンパク質はアミノ酸から出来ていて、20種類のアミノ酸が体内で様々な合成や活動を行う事により成り立ちます。バランス良く含まれている食品が、良質なタンパク質になります。

中でも必須アミノ酸と言われる9種類のアミノ酸は体内で作り出す事は出来ないので、このため必要な必須アミノ酸は食事から摂取しないといけないです。食品の中では学術的に二枚貝とされるしじみに豊富に含まれていて、アミノ酸はうま味成分でもあります。

身体に必要な成分を数値化したものが、最高Lレベルのスコアが100に当たります。スコアが100の食品は他にもあるが、貝は低い物が多いです。しかししじみには多く含まれているので、普段のごはんに取り入れると良いです。

粒目安量としては、1粒に5.6グラム入っているので1日の必要量が40グラムであるので8粒位が必要です。このくらいであれば、しじみの味噌汁等から簡単に摂取する事が出来ます。

このようなじじみの成分をいいとこどりしたおすすめのしじみサプリがあるのも事実です。

 

胆汁や肝臓などに関する効果が期待できるタウリン

医薬品などに含有されているタウリンが、ポジティブな効能が色々と期待できます。例えば、それは肝臓をサポートしてくれる効果があるのです。

肝臓が疲れている時などは、タウリンを補ってあげる方が望ましい事も多いです。それを補う事により、アルコールの分解力が高まる事もあります。またタウリンは、輸入可能な成分でもあります。一部の海外産の製品の中にも、それは含まれているのです。

タウリンは、肝臓だけではありません。胆汁に対しても、それは関係あるのです。人間の健康を考慮すると、胆汁もかなり重要な役割を果たしています。しかし胆のうなどは、肝臓と同じく疲れてしまう場合があります。

それで上記で触れたタウリンなどは、胆のうをサポートする効果が期待できる訳です。つまりタウリンを摂取すれば、胆汁も多く分泌されると期待される訳です。

このようにタウリンは、内臓に対して効果的に働きかける力がありますから、摂取するのも一法と言えます。